• エロ画像ならそそるけど…実際に彼女がはいていると引くパンティとは?

エロ画像ならそそるけど…実際に彼女がはいていると引くパンティとは?

私達女性は、男性がAVまがいの行動をすると引いちゃうことがあります。「AVの影響を受けすぎ!」なんて女性が愚痴るのはセックスではあるあるですね。 このようにエロのメディアでやっていることを現実ですると引くパターンはいくつかあり、その中の一つが女性のパンティです。 エロ画像だと興奮するけど彼女が実際にはいていたら嫌だなぁ…世の中の男性にそんなイメージを与えるワーストパンティがあるのです。 彼氏を興奮させるつもりではいたパンティのせいで逆に萎えさせてしまう、そんな悲しい結末にならないためにもぜひ知っておきましょう。 そこで今回は、エロ画像ならそそるけど実際に彼女がはくと引くパンティランキングを紹介します。

1ワースト1. 白いパンティ

清純な女性の象徴とも言える白いパンティですが、男性が喜ぶのはエロ画像の中だけです。
デザイン性のない白一色のパンティは子供っぽさ丸出しですし、白い分汚れた箇所も目立ちます。また、エロ画像と違って間近でパンティを見るならセクシーさを求めるのが世の中の男性心理ですし、その点においても白いパンティは力不足です。

2ワースト2. 透け透けのセクシーランジェリー

マンネリの打開など、何らかの目的があって刺激的なパンティをはきたいなら意味はあります。しかし、何の意味もなく透け透けのセクシーランジェリーを身につけていれば男性はドン引きします。
また、セクシーランジェリーは種類やデザインが多種多様なので、その男性の好みやツボを理解していないと好評を得るのは難しいでしょう。

3ワースト3. Tバック

Tバックが男性受け悪いのは、過激すぎるためです。
確かに下着にセクシーさは必要ですが、セクシーと過激って微妙に違うのです。
そしてTバックは後者のイメージが強い特徴があります。過激なパンティをはいていると、それを目にした男性は女性が経験豊富な上級者なのだと構えてしまいます。
そうなると「この女性にはついていけない…」なんて考えて、引くどころか別れすら意識するでしょう。

いかがでしたか? 冒頭で言ったように、私達女性は男性に対して「AVと現実は違うということを分かってほしい」と愚痴ることがあります。 実はこれは私達女性にとっても戒めとなる言葉です。 どんなエロ画像を男性が好きなのか、それは女性も何となく分かりますし彼氏のことなら尚更です。 しかし、だからと言ってそれを真似してしまってはAVの影響を受ける男性と何も変わらないのです。 今回はパンティをテーマしましたが、エロ画像ならそそるけど現実ならドン引きするファッションや行為はいくらでもあります。 つまり、エロ画像は男性の好みのツボを知る参考にはならないと私達女性は捉えておくべきです。
この記事を書いたライター
machi_nyan
猫とキーボードをこよなく愛するアラサー女。何でもいいので誰か一人の心にだけでも響く記事をお届けしたいです!
もっと見る

関連記事

今更聞けないシリーズ!女性の『イクッ』って、どうなる事? 241 mitsu
今更聞けないセックスのお悩み、第2弾!こんな時どうすればいいの? 224 mitsu
内緒にしているだけで、女性の7割以上が1人エッチを楽しんでいる?♡ 327 mitsu
男性に聞いた!セックスしたい気分になる女性の言動♡ 781 mitsu
セックス中のあれ!今更聞けない…男性の体を喜ばせるあれこれ! 838 mitsu