• 塩顔代表【坂口健太郎】がイケメンすぎて恋してます♡

塩顔代表【坂口健太郎】がイケメンすぎて恋してます♡

2015年最も売れた顔として皆さんの記憶にも残っているであろうイケメン「坂口健太郎」さん。最近流行の塩顔男子の代表としてモデルにドラマに映画にと活躍の幅を広げる坂口さんですが、鳴かず飛ばずの時代も経験する努力の人なんです。そんな彼がいかにして現在の人気絶頂芸能人まで上り詰めたのかご紹介したいと思います。

1高身長・細身のイケメン

 

 

まずは基本的なプロフィールから。

生年月日:1991年7月11日(24歳)
血液型:O型
出身:東京都
趣味:読書(好きな作家は村上龍、恩田陸など)
特技:バレーボール
身長:183cm


高身長が顧問の先生の目にとまりバレー部に入部し、中高時代はバレーに明け暮れていたようです。中学校の頃は生徒会長を務めるなど積極的で明るい性格だったようですね。


そのルックスや身長の高さから俳優を志したようですが、なり方が分からなかったためモデルに応募し、2010年10月にメンズノンノの専属モデルとしての活動をスタートさせたようです。

2スタートは順調とは言えなかった

 

 

今でこそ人気の絶頂まで上り詰めた坂口健太郎さんですが、デビューしたての1年目はメンズノンノでもあまり目立たず、ポツリポツリと撮影に呼ばれる程度の仕事しかなかったようです。

 

 

転機となったのはデビューから2年が過ぎた頃のモノクロ特集「LCCで行く! 格安男旅」でのこと。一緒に旅した担当編集者がいうには「ちょっとワルさがあってさ、最高にセクシーなんだよね」と坂口さんを絶賛。

 

 

その後3年目にして「坂口健太郎 モテ服のおきて」など、名前を冠したファッション特集が出来るまでに成長したといいます。2014年6月には25年ぶりとなる現役専属モデルの単独表紙を実現させたというので、その活躍には目覚しいものがありますね。

3モデル以外のお仕事も

 

 

メンズノンノのモデルとして芸能界入りした坂口さんですが、やはり最初に志したのは俳優。はじめは「niko and…」のCMに起用され、そこから徐々にドラマや映画と活動の幅を広げていきます。

 

 

2014年の映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」ではれて俳優としてデビューし、2015年10月のドラマ「コウノドリ」でテレビドラマに初出演をはたしています。その後も「ヒロイン失格」や「俺物語!!」でっ重要な役どころを務めるなど、2015年は『俳優・坂口健太郎』の大躍進となりました。NHKの朝ドラ「トト姉ちゃん」にも出演が決まっており目が離せません。

そこらの塩顔男子とは一線を画す人気を誇る坂口健太郎さん。まだ24歳ということですので、これからどんどんお芝居や表現力の幅を利かせていくことでしょう。今が旬の彼のこれからがますます楽しみですね。
この記事を書いたライター
aki
エンタメ、ネイル、ファッション、おまじないetc。おもしろいこと、わくわくすることが好きです。
もっと見る

関連記事

ドラマや映画、CMでよく見る黒島結菜!彼女が引っ張りだこの理由と… 8 machi_nyan
今アツい!1度は行きたい渋谷の人気おすすめクラブ9選 11 maoi
東京のおすすめクラブはここ!ナイトライフを充実させるイケてる都… 6 maoi
平山あやって今はどこで何をしている?女優で元グラビアアイドルの… 56 machi_nyan
NHK朝ドラ女優だった岡本綾の過去と現在 38 machi_nyan